箱根でガラスアート体験―ベネチアンガラスでストラップ作り

箱根には温泉のほかに沢山の観光地があります。

特に美術館が多い印象ですが、今回は箱根湯本駅前にあるガラスアート体験教室で

ストラップ作りを体験しました。

ここではベネチアンガラスをアレンジしたお皿やフォトフレーム、灰皿、表札など

様々なものを作ることができます。

駅前ビルという名前だけあって、本当に駅前です。

まずは、何を作ろうかと教室内にあるサンプルをチェックします。

ん~・・・お皿もすごくかわいいけど、逆になにを入れて良いか分からないしな・・・と

悩みに悩んで、ストラップを作ることにしました。

何を作るか決まれると、次は土台を選びます。

ストラップといってもハート形や長方形、しずくの形、さらに色も沢山あって迷います。

優柔不断な旅子は10分も迷っていたと思います。

迷いに迷って、しずく型の薄い紫色を選びました。

教室内にはいくつもテーブルがあって、ゆっくり作業できます。

家族で体験している人もいましたし、カップルもいました。

土台のガラスが決まったところで着席。

ピンセットをお借りして、右のサンプルのようにパーツを土台に配置していきます。

丸いパーツです。

丸いといっても色々な色があります。

透明だったり透明じゃなかったり、青や赤や緑、大きさも様々。

くねくねとツイストしたガラスパーツも沢山ありました。

割れたようなガラスは大きさも形も様々。

これが自分のセンス次第で仕上がりが大きく変わります。

しかし、初めてのことなので「きっとこうなるだろうな」とイメージするのに苦戦しました。

早い人はすぐに終わるようですが、旅子は優柔不断なので何度も何度も土台に配置してみては

新しいパーツを探すの繰り返しでした。

パーツによっては丸い円柱型のものもあって、

しかも円柱の中心には星型のような絵柄もあります。

これが最後は色とりどりのガラスを高熱で接着するので

なめらかな花柄のような模様になる。

それもイメージしつつ配置します。

サンプルを照らし合わせながら、なかなか難しい作業でした。

幼少期にビーズでアクセサリーを作ったことを思い出す、

とても繊細な作業です。

左側は旅子ママ。右側が旅子が選んだ薄紫のしずく型の土台です。

丸いパーツ、割れたようなパーツ、花柄になりそうな円柱のパーツを組み合わせました。

考えれば考えるほど正解が分からず、何かテーマを決めた配置ではありません。

きっと綺麗に仕上がるでしょうというイメージです。

一方、一緒に体験した旅子ママは、

上手に赤い花をイメージして赤い円柱型のパーツと

割れたような緑のガラスパーツを葉っぱのように配置していました。

フォーメーションが決まれば、あとはのりで固定します。

これからガラスを高熱で接着するので、その日に持ち帰ることはできません。

後日、指定の住所まで送ってもらいます。

約一週間後、届きました♪

左が旅子、右が旅子ママです。

ガラスパーツはなめらかになっていました。

ストラップの緋の色は、お店の方のセンスですが、

ストラップの留め金部分は丸いタイプやもっと長いチェーンタイプなど

選ぶことができました。

旅の思い出にもなりますよね。

まさか、旅先で目をこれほど駆使するとは思いませんでしたがw

是非、思い出作りに体験してみてください。

良いお土産にもなりますよ。

伊豆ガラスアート体験教室

箱根津本駅前体験工房

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本706-36
箱根湯本駅前ビル3階

電話番号:0460-85-6056

営業時間:10:00-17:00

定休日:年中無休(臨時休業有り)

スポンサーリンク
旅におすすめカメラ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 オリンパス PEN E-PL8 EZダブルズームキット ブラウン
価格:77520円(税込、送料無料) (2017/10/29時点)